自分に合ったウエディングドレスの選び方

自分の理想像を明確にしよう

純白のドレスに身を包んだ花嫁さんは女性の憧れの象徴です。一生に一度しか着ることができないので気に入ったドレスを着たいですよね。後々後悔しないよう、まずはドレスについて勉強しましょう。
ウエディングドレスには様々な種類があるだけではなく、ブランドも様々です。どんなラインのドレスが着たいのか、またどんなブランドのドレスが着たいのかなどを明確にしましょう。式場に足を運べばこうしたウエディングドレスの資料はたくさんありますし、インターネットでもたくさんのドレスの画像があるのでそういったものを参考にして候補を絞るようにしましょう。ある程度候補を絞っておくことで目移りしたり自分の理想がブレてしまうことを防ぐことができるので、後悔しないドレス選びができます。

周りから見た印象も大切

自分の理想のウエディングドレスを着ることと、それが自分に合っているかどうかは話が別です。気になるドレスがあったら必ず試着させてもらうようにし、パートナーや家族など他の人の目でも見てもらうようにしましょう。というのも、結婚式の主役は新婦だけではありません。新郎も主役の1人なので、2人が並んでバランスがとれているかどうかというのも衣装選びでは大切なポイントなのです。またモデルさんが着た場合と自分が着た場合では印象も違います。実際に着てみたら「思いの外イメージと違った」ということも少なくはありません。ある程度候補を絞るという意味では理想のウエディングドレスをチョイスしておくというのは大切ですが、それが全て自分に合うとは限らないので周りの人とも話し合って自分の納得のいくドレス選びをしましょう。

結婚式でお色直しの際に新婦が着替えて登場するのがカラードレスです。結婚式を挙げる多くの女性が、お色直しを行うのでその際に新婦が何色のドレスで登場するか?を参列者は予想することは、非常に多いです。